Skip to content

公認会計士となって働くメリット

資格を取得することによって将来的に働きやすくしようと考える人は大勢います。

特に就職に際しては不利になりがちな状況がある女性の場合には資格を取得することに執着する人も珍しくありません。そのときに候補に上がることが多い資格の一つが公認会計士です。日本における難関の資格の一つであることから、取得することによって就職がしやすくなるというのは誰もが想像できることになっています。公認会計士の資格をとることのメリットとして最も大きいのは年収が高いことです。

独立して働いている人の場合には年収が一千万円を超えていることは稀ではありません。会計事務所の数こそ多いものの、それ以上に依頼も多い状況があるからであり、特に起業を考える人が増えたことを受けて大小の依頼が飛び交うようになってきている現状があります。そのため、独立して会計士として働けるようになると年収が飛躍的に向上していくことになりやすいのです。

しかし、独立しなくても年収が高いのが公認会計士であり、監査法人に勤めるという基本的なキャリアを選んだとしても一千万円を越えることはよくあります。こういった状況に加えて、キャリアを積んだ結果として企業のコンサルタントとなれれば一千万円では済まない高額の収入を簡単に得られるようになっていくのが魅力とされる点です。このように年収という観点からメリットが大きいのが公認会計士であり、しっかりと稼いでいきたい人にとって有利な資格となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *