Skip to content

電子定款を自分で作成する場合に必要なもの

株式会社などを設立する場合、商業登記をする前に会社の決め事である定款を作成することが必要になります。

昔は紙ベースで作成することが普通でしたが、最近は電子定款を作成して公証役場の認証を受けることができるようになっています。行政書士などの専門家も電子定款の作成を業務として行っているので、依頼して作成してもらうこともできます。

電子定款を一から自分で作成することを検討している場合には、まずは作成のためにいくつかのものを用意しなくてはなりません。電子データで定款を作成することになり、公証役場への提出はPDF形式で行うことになるので、作成した定款データをPDFに変換することができるソフトを用意することが必要となります。

また、変換した電子定款には電子署名を付けることが必要となり、電子証明書の認証を行うために住民基本台帳カードの用意もいることになります。住基カードなどの書類を用意したら電子証明書の認証を受けることになりますが、定款に電子署名をつけるために読み込むICカードリーダライタを使うことになります。

電子署名まで終えることができたら電子定款の認証を受けることになりますが、内容に間違いがあった時などには再申請や訂正に非常に手間がかかってしまうので注意が必要です。できれば、PDF形式で提出する前に紙ベースで公証役場などで事前チェックをしてもらったほうが良いでしょう。

自分で作成する場合でもある程度のコストはかかるので、費用面とのバランスを考えて外注するのもよいといえます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です