Skip to content

電子定款の手続きについて

会社を設立時には定款と呼ぶ会社基本ルールを書類に定めて、株式会社の時には公証人役場で定款の認証を行う必要があります、定款の認証とは定款に記載してある事項が法律に違反していないものであるなどの審査を受ける事を意味しています。

定款には紙を使った文書と電子定款と呼ぶ電子文書を利用した2つの種類があります。どちらの形でも公証役場での定款認証を受ける事が出来るのですが、電子定款は電子文書であり、電子文書の時には収入印紙を必要としない、税金を納める必要がないなどの取り決めがあります。

収入印紙は4万円の金額になるため、紙の定款よりも電子定款の方が認証時の手数料が安くなる計算になります。但し、認証手続きの中には電子署名が必要である事、電子署名を行った場合には、それが自分の署名である事を証明する書類を用意しなければなりません。

電子署名はAdobe社のAcrobatと呼ぶソフトウェアを利用する事で可能になりますが、電子署名の証明書類は会社設立を行う代表者の住まいを管轄にしている市区町村で交付を受ける必要がある事、電子署名を行う時には住民基本台帳カードが必要で、これについても市区町村の役所で交付を受けるなどが必要になります。

住民基本台帳カードを使って電子署名を行う時にはICカードリーダーを利用して署名を行うなど、ソフトウェアやICカードなどのハードウェアが電子定款認証の際には必要になるため、予めこれらの設備などを用意しておく必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *