Skip to content

電子定款に必要な証明書類の交付について

電子定款はワードを使って電子データを作成する、作成したデータをPDFに変換する、変換したPDFに電子署名を付けるなどが必要になります。

PDFに変換する事が出来るソフトウェアは色々とありますが、電子署名を付与出来るソフトウェアはAdobe社のAcrobatと呼ぶソフトウェアのみで、このソフトを購入しておく必要があります。このソフトはビジネスの中でも利用する事がある場合など、購入しておけば電子定款だけではなく、色々なシーンで活用出来るようになるので便利です。

特に設立後の届けを行う際にも電子文書をPDFに変換して申請を行う時なども利用する事が出来ます。電子定款の場合は、変換したPDFに電子署名を付けるのが特徴ですが、電子署名が正しいものである事を証明するための、電子証明書の認証が必要になります。この認証では住民基本台帳カードを利用して行う事になるので、住民票がある市区町村の役所に出向いて交付を受けておきます。

ちなみに、住民基本台帳カードの交付を受ける時には、運転免許証やパスポートなどの写真付き本人確認書類、手数料として500円、写真付き住民基本台帳カードを希望する場合には写真を用意しておきます。交付申請書に必要事項を記載して交付を受ければ良いのです。

電子証明書は住民基本台帳カード、運転免許書や公的機関が発行した証明書など顔写真が掲載してある書類が必要になりますが、顔付きの住民基本台帳カードを持参した場合にはこれらの書類は不要です。後は、電子証明書新規発行申請書に必要事項を記載して交付を受けます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *